プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

98:「クロスデイズ」プレイ中その5【ネタバレ】

2010/04/08 (Thu) 19:34
そしてまたも「クロスデイズ」の感想だかレビューみたいなものです。今回はもう一人のメインヒロインである言葉について書きたいと思います。

言葉修羅
絵は「修羅」EDより 
「海より広い私の心もそろそろ我慢の限界です!」
 
 

言葉に関しては、本作の企画の発端が言葉FDということもあって流石に優遇されていたというか、愛に溢れたエッチシーンは多彩にあるし、山県ルート(4話)でのイチャラブっぷりとか、とにかくファンをして、こういう幸せな言葉が見たかった的なシチュエーションがてんこ盛りでしたね~♪
個人的によかったのは――
山県ルートでの「ことのはー」~「ひどいおにいちゃですねー」「ねー」といういたるとのやりとり。
スイーツおおはら手伝いイベントやその直後の浮気親父に言う「他人のために一生懸命になれる大切な友達」発言。
また、そういった幸せいっぱいな描写とは別に
アナルの意味を図書館で一生懸命調べたりとか、「修羅」EDでの〃病み〃ではなくキレた言葉がまた新鮮でした。
更に先日も書いた「マッシブラブ」ルートでの、
光と澤永の間をとりもった後、結局誠に対し何のアクションも起こせないままに心と一緒に家に帰る展開は、想いが成就しないことがちょっと切ないながら、「想い重ねて」の派生ということがあるので、勇気や光という自分のために一生懸命になってくれる友人を得たことで、誠への盲目的な思慕という呪縛から解き放たれたのだとも感じられ、これはこれで実に印象的でした。

一方二つあるレイプルートはと言うと、どちらも勇気と路夏結ばれるということで、幸不幸のギャップを狙ったんでしょうが、それなら双方の幸せっぷりと悲惨さをきっちり描かなくては作り手の意図が伝わらないところを、レイプシーンを背景と声のみでお茶を濁したりとか中途半端な演出でキレが悪い印象。
やはり凌辱規制の動きに迎合したのでしょうか? それともごとうさんが嫌がったか?
それにしても澤永に行かせたの勇気かよ?!


とまあ今回の「クロスデイズ」は総じて言葉ファンには嬉しい内容になっているわけですが、ただその一方で、言葉ファンに媚びたようなあざとさが感じられるのも事実。
とにかく誠が本当は言葉が好きだったという前提になっているのでよっぽど下手(誠の前にエサを置いてしまうとか、澤永に大事を任せてしまうとかw)を打たない限り上手くいくようになっている感がある。でも、「スクールデイズ」においての今回に相当するルートってどう考えても誠の気持ちは世界寄りだったと思われるんですよね。その辺の矛盾に加え、「スクールデイズ」にあった、片方を選ぶことでもう一方につらい思いをさせることのもやもや感や背徳感を(世界に感情移入を全くさせない…て言うか感情移入を拒絶するかのような構造になっているため)本作の誠に全く感じられないのも微妙な印象。
実際、誠が言葉を選んだ後に世界について何のフォローもない辺り、世界ファンは怒っていいレベルだと思いますよw

あと先日も書いたけど、安易な覚醒&殺人描写は頂けませんでした。「スクールデイズ」においての殺人や自殺には、そこに至るまでにプレイヤーの胃をキリキリと痛ませるほどに説得力ある描写が為されたが故に、(悲劇であり惨劇でありながら)そこにはどこか〃カタルシス〃さえ感じられたのでしたが……。
特に「姉」EDなんか人違いじゃねーかよ!フザケンナ!

そんなわけで、やはりこの辺は、個人的にはホモルートとかよりはるかに残念でした。

言葉眼鏡
眼鏡言葉の出番が少なかったのも残念でした
スポンサーサイト

テーマ : CrossDays - ジャンル : ゲーム


CrossDaysコメント(5)トラックバック(0)|

≪前の記事 「クロスデイズ」プレイ中その6【ネタバレ】
≫次の記事 「クロスデイズ」プレイ中その4【ネタバレ】

コメント

94:

丁子屋様、初めまして。pixivでは個性溢れるイラスト満喫させてもらっていますm(_ _)m

感想を見てますと……どうも叔母風呂さんは必殺仕事人でなく必殺うらごろしを作ってしまったようですね。

鮮血の結末や永遠にを越える事は不可能でも、せめてそれに準ずる事は出来たはず…それさえも出来てないようですね。

スクイズを越える実力をもったスタッフは揃っていたとは思うんですよ…なんか有り得ない所でボロが出てるようです。何が起こってしまったのか…

何か表立っては言えないスタッフ同士のトラブルなんかもあるんですかね…大丈夫か叔母風呂さん。

>一生懸命になってくれる友人を得たことで、誠への盲目的な思慕という呪縛から解き放たれた

これが唯一の救いですかね;;なんか世界や他のキャラにもこういうシナリオあっても良かったのでは…ホモではなく…

今後のスクイズシリーズを憂う冨蔵幤造でした。妙な奴ではございますが今後も宜しくお願い致しますm(_ _)m

2010/04/11 21:34 | 冨蔵幤造 #tHX44QXM URL編集 ]
95:Re: タイトルなし

> 冨蔵幤造 様
はじめまして&コメントありがとうございます。

>必殺うらごろし
言い得て妙ですねw
まあ「スクールデイズ」の鬱さも「仕事人」というより「仕業人」という気が・・・。
「うらごろし」は「うらごろし」で嫌いではないのでいいのですが、やはり安易な覚醒&殺人描写だけは「コレさえやっとけば・・・」的な仕事人末期のような駄目駄目さでしたね。

2010/04/12 06:34 | tyoujiya #- URL [ 編集 ]
303:はじめまして

スクイズはそもそも誠が唐突に世界に行く展開にいつも違和感がありました
言葉ルートが未完成なのと世界に都合良すぎるシナリオによる弊害でしょうか?
世界は可哀想だけど派生作品含めると誠の好みではない事がわかります
異常なマンセーで無印は世界エンドが多かったのと結果として略奪になる事実が作中でバレない都合のよさが共感もたれませんね
続編以降単独エンドがないのは可哀想だけど自業自得です
続編含めて言葉や刹那との恋愛が話として納得できました
言葉が誠への盲目の思いからの呪縛から解き放たれる可能性は嬉しい限りです
誠との関係の成就も別れもちゃんと納得いく形であれば言葉は幸せですね
個人的には誠が勇気を助けたり改心して言葉と結ばれる嘘と真実の果てエンドが好きですね
誠は無印では特にシナリオに踊らされてる感があってあまり嫌いになれないです
無印初期やサマイズ見ると浮気プレイしなければ案外まともですよね
そういう意味で元凶扱いされる世界は自業自得ではあるけど可哀想です
長文すみません
お邪魔しました

2016/10/29 05:43 | むんく #- URL [ 編集 ]
304:Re: はじめまして

> むんく 様
コメントありがとうございます。
相対的に不自然な展開はHQでも相変わらずでしたし、その辺も含めて仕様なのかもしれませんね。

2016/11/03 06:14 | tyoujiya #- URL [ 編集 ]
308:再びお邪魔します

普通に言葉が好きな人は彼女の幸せを望んだ筈です
不幸はスクイズでお腹いっぱいなのにまたかと思いました


光エンド、だいすき、素直な気持ちの後も言葉は自殺してそうですね…
クロイズ版散る言葉後も自殺してそう…


言葉はデイズで一番不幸だと思います
幸福ルートが間に合わなかったとごとうさんがブログで明かされてました

スクイズ完全版に力を入れずにまた購買層の神経逆撫でにするクロイズを作る会社に失望して見限った購買層はきっとたくさんいた筈です


スクイズの転校と光エンドで言葉が澤永と早く別れるといいですね
彼女のご両親が反対して別れさせてくれると信じます


言葉が澤永の慰み者になる展開はどう見ても正史ではない
それがわかるだけでも救いです
正史では澤永は2年後に姉の彼氏に…と聞きました
もう澤永はゲイになってヒロイン達に近寄らないでほしいので彼氏グッジョブと思いました

2016/11/07 02:32 | むんく #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP