プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

96:「クロスデイズ」プレイ中その3【ネタバレ】

2010/04/05 (Mon) 20:25
「クロスデイズ」全ED制覇しました~♪

言葉のスイーツおおはら手伝いイベントも見ました~♪
ひゃっほ~い♪

でもシナリオ達成率は89%…まだまだ見てないシチュエーションがかなりあるようです。実際第2話も一つ見てないタイトルがあるみたいだし…。まだお楽しみはこれからか?
そんなこんなで、またも「クロスデイズ」の感想だかレビューみたいなものです。今回は光について書きたいと思います。

光勇気
とりあえず、光&勇気絵です。
「黒田~、早くどいてくれ~」
「何よ足利、私のかわいいお尻に顔を密着させて嬉しいんでしょ?」
「ふざけんな!大体お前重すぎるぞ。少しはダイエットしろ!」
「ほほう、私にそんな暴言を吐くとは、覚悟は出来てるんでしょうね?」
「え?」
「う~~~ん…」
「く、黒田、何力んでるんだ?」
「ふっふっぶ」
「何笑ってるんだよ?何するつもりだ?」
「屁をこく!!」 
「アホか~、やめろ~~!!」
――まあ光といえば尻ですからw
 
で、「クロスデイズ」ではオープニングからダブルヒロインと肩を並べて一枚看板テロップだった光ですが、通常版パッケージには描かれたものの…な乙女(泣)と違って、作品内でも肩透かしを食わせることなく重要な役割を担いつつ活躍してくれて嬉しいです。とにかく、旧知にして彼女のことを「いつも明るく振る舞っていてそこが魅力ではあるけど本当は繊細」ときちんと理解してくれている友人としての勇気の視点で描かれることで、前二作に比べても、一層魅力的なキャラクターになっていました。
シナリオによっては路夏や言葉と距離が近くなったりすることで生まれる、彼女たちとの絡みもまた味があってよかったです(一方でシナリオによっては彼女らに冷たくあたったり苦境に追いつめたりするのも、誤解があった上で彼女なりの友達のための行為であって、その辺の悲喜劇もデイズらしくてよいです)。刹那に変わってクラス委員をしっかり頑張ったりとかの描写もよかった(そのルートだと思い人は男色外道になっているが…汗)。
先日のブログでは旧来のキャラがあまり大切にされていないと書きましたが光はかなり大切にされていたと思います。
特に「すべてあきらめて」のエピローグの、「みんなの誠」状態の際の心情の表出が、すごく切なくて印象的でした。

こわれ光
  
あと、言葉のスパイと思われて世界や七海と距離ができてしまう展開が自分が同人誌に描いたものと似ていてちょっと嬉しかったり?
こわれ光屈折 こわれ光逆襲
まあうちの光さんは、世界の寝とりも澤永のレイプも知ってしまってすっかりやさぐれていたので逆に世界たちを追いつめたりしちゃうのですが…。
 

最後にプレイを進める中で見つけた、前回書けなかった乙女のちょっといい描写として、誠の悪を暴かんとする知恵姉さんに誠を弁護するとことか、誠を知恵姉さんが狙ってると勘違いして路夏に文句を言う辺りは可愛かったっすね♪


スポンサーサイト

テーマ : CrossDays - ジャンル : ゲーム


CrossDaysコメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 「クロスデイズ」プレイ中その4【ネタバレ】
≫次の記事 「クロスデイズ」プレイ中その2【ネタバレ】

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP