プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

69:「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」観てきました~

2009/12/12 (Sat) 18:51
大怪獣バトルパンフ
本日公開の「ウルトラ銀河伝説大怪獣バトル」観てきました~。

gekijou.jpg
しかしウルトラ、ライダー、ヤマトの、新作が同日公開とかコレなんて昭和?

で、内山まもるっぽいということは最早予想通りとして、一言でいうとオモチャ箱をひっくり返したような映画でした。
まあまともな感想は特撮オタの皆さんがあちこちで書いてくれるでしょうから、自分的にはとりとめなくだらだらと書いて行きます。

とにかくいろんな要素てんこ盛り、次から次に示される王道シチュエーション。「メビウス&ウルトラ兄弟」の時も全編クライマックスとか思ってたけど、今回はそんなレベルじゃねえって言うか、とにかく数クールでじっくり描いてもいい情報量を約一時間半にギュウギュウに詰め込んだってカンジ。♪
まあ悪く言えばまとまりがないというか、ストーリーの焦点がどこにあるのか主役が誰かもよくわからないというかなのだが、とにかく魅力的なギミックに満ちた圧倒的物量がそんなことを気にする暇も与えないのでした。

ウルトラの国のビジュアルは、かつての学年誌のグラビアから想起されるビジュアルをグレード高い映像で見せてくれた感ありで、非常に少年心を刺激しました(パンフレットの金田益実氏の解説も興味深かったです)。

ベリアル対ウルトラ戦士のバトルのビジュアルや全体的な構成は多分にドラゴンボールぽく感じましたな。レイの「俺は地球のレイオニクスだ」って台詞なんて、まんま悟空の「オラは地球育ちのサイヤ人だ」だしね。

父が何気に強いトコを(一応)見せてくれたのは美味しかったですな。

五十嵐くんは以前よりやや渋味が加わったカンジがして、ちょっといい雰囲気でした。

昭和ライダーの復活怪人軍団・・・いや、やはり往年の内山まもるの読み切り長編を思わせる怪獣軍団のビジュアルはやはり圧巻。これってホントありそうでなかったもんなあ。

平成では映画初登場のレオ(&アストラ)は真夏さんボイス&見せ場があってよかった。て言うか美味しいタイミングで参戦したよなあ。

レイは途中までいなくてもあまり大勢に影響なかったのでは?て思ったけど(途中足引っ張ったしなあ…)、最後の最後にレイがいてこその勝利になりましたな。

それにしてもゼロはチート過ぎ。

とにかくお祭り映画なのでキングの棒読み小泉ボイスもむしろアリw

吹いたのはゼロのコレ(ネタバレ注意)と最後の敵のコレ(ネタバレ注意)


で最後に、やはりネタバレぽくなるので文字小さくしますが――

前回ベリアルに楽勝っぽかったキングは今回何で一切手を出さなかったの?身も蓋もないことを言えば、ベリアルってブラックホールのエネルギーを吸収してパワーアップした某ジャッカルと違って昔に比べて強くなったって設定もないみたいなんだから、最初からキングが出張ってれば無問題だったじゃん?

あとあのラストカットはやはり続編あり?
 
ともあれ何度も書きますけど、ホント頭を空っぽにして何も考えずに楽しめる(て言うか考える暇を与えない)いい意味で娯楽に徹した映画でした~♪
スポンサーサイト

テーマ : ウルトラシリーズ - ジャンル : テレビ・ラジオ


特撮コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 今日はクリスマス
≫次の記事 冬コミ新刊「 ウルトラで超でダイナミックなスクールデイズ」

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。