プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

64:ささめきこと

2010/01/24 (Sun) 08:50
自分はここ最近は深夜系アニメをほとんど見ていません(というか今どんなアニメを放送しているのかというのもほとんどわかっていない)。今期も一本も見ていないし、前期も唯一見ていたのが「ささめきこと」でした。それも最初は見ておらず、某マイミク氏にこれは良い眼鏡だからと勧められたままに見始たのですが、これが結構はまってしまったのでした。そんなわけで今更ながらこの作品の感想などを…。

ただ実はこの作品、題材が百合ということで自分にとって最初は敷居が決して低くはありませんでした。
ぶっちゃけ自分がこう百合ものに馴染めないというか、やはりどこか違う世界の話として捉えてしまうからなのでしょう。女の子同士のハナシでも「あずまんが」とかだと「ああ、あるある」ってな感覚で捉えられるのだが、百合になるとそれ自体がやはり自分の生きてきた世界とは違う世界の話になってしまうのだと思います。
だから見始めた当初はなかなか入り込めなかったのですが、回を重ねるに連れて気付いたのは、「これって普通に学園もの、恋愛ものじゃん」って事でした。すなわちこの作品で描かれていたのは、(題材こそ同性愛とか女装少年とかのアブノーマルだが)好きな相手にこんなふうにされたら、あるいはこんなふうに言ってもらえたなら嬉しいとか、仲間同士で何かをすることが楽しいとか、気持ちの通じ合うことの心地よさとかの、思春期の若者に当たり前にあるナチュラルな感情で、それらがに丁寧に描かれていたのである。また、キャラクターたちそれぞれが、時に自分の気持ちを優先させようとして(自分に好意を向ける)他者を傷つけることもありながら、しかしお互いを気遣い慈しみ合うことで善意に満ちた人間関係を築き上げている様は、見ていて微笑ましくも心地よい。してその事に気づくと同時に自分はこの作品に強い共感と心地よさを伴って入り込んでいたのでした。

もちろん主役が眼鏡で脇にも眼鏡が多いって事も大きかったりするんだけどね♪ 

中でも自分的によかったのは、純夏とあずさが百合同人誌を作る第10話。ちなみにこの話、途中までは、イベント前夜にコピー本を作るとか、更にトナー切れでコンビニに走り、イベント前コンビニコピーの混雑に悩まされるトコまで、これ何てアニメ版「こみパ」一期最終回?
まあそれはそれとして、不幸なアクシデントによってこれまでの苦労が台無しにされ泣きわめくあずさをほっとけないという気持ちを(さっきまで明日もと付き合うことより優先させていたはずの、やはり明日は汐と一緒に♪という)恋愛感情に優先させて行動する純夏の漢気にまず惚れる!
だがそれ以上に本話が唸らせられるのは、あずさの母親の、娘の同人誌作りを多分困った趣味だなぁって程度に思っているのであろう(←ここ大事)一方で、それが娘にとってどれだけ大切なものかもきちんと理解しているという描写で、その暖かい視線や、泣きわめき自分にあたる娘に対し、ほとんど自分の責任じゃないにもかかわらず「ごめんね」と一緒に泣きながら抱きしめてあげるという行為には「ああ…本当にいいお母さんなんだなあ」と痛感させられてしまう。なんつーか〃説得力あるよき親の描写〃にここまで感じ入ることのできたのって「どれみ」以来じゃないかな?
sumikaazusa.jpg

だから、自分がこの話を押すのは決してメインが両方とも眼鏡だからとかじゃあないですよ? 

まあ結局自分はまっすぐでいい子、いい人を正面から描いたものってのにはたまらなく弱いのね。(まあ一方でその真逆のような「スクールデイズ」も好きなのだが…(汗)
そんなわけで、この作品はシリーズを見終えた時に非常に後味の良さを感じられた……自分にとってはそんな作品なのでした。

スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック


アニメコメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 イラリクに応えたり「サクラ大戦」について語ったり…
≫次の記事 直木賞作家のウルトラマンメビウス

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。