プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

37:凌辱系エロゲー流通の危機

2009/05/30 (Sat) 18:50
2,3日前からネットでも騒がれているこの話題
ついにミクシィニュースでも取り上げられたようですが、さすがにコレについては自分も一言書いておきたい。

まあ当然自分が言いたいのも 「ふざけんな」 ということなのだが、コレは別に自分が初めて買ったエロゲが『学園ソドム』でアリスソフトのゲームにも散々お世話になった陵辱ゲーム好きだったというからではない。
いや、まあそれもあるのだが・・・。

大体コレ線引きどうすんのよ?
陵辱ものと謳っているものだけが駄目なのか? レイプは全てだめ? 触手ものは?
わずかな描写でも駄目なら、『月姫』の琥珀さんも『Fate』の桜ルートも駄目じゃん。 
葉の『雫』『痕』も当然駄目。
わずかでも合意の上ではない性行為描写がすべて駄目なら、『君が望む永遠』とかにだってそれっぽいシーンはあるし、何より『スクールデイズ』も駄目だ・・・OTL

いやいやいや、そういうことではなくて、この件で問題なのは人権団体が問題提起をしたことを真に受けてるってこと。
もちろん、存在しない人間(架空のキャラ)の人権などどうこう言う前に、現実世界で未だ守られてない人権問題を何とかしろよ・・・ってのもある。
が、そんなことより人権がどうのということでこういう表現の規制が始まると、人権擁護の名の下に次の段階に、更に次の段階にエスカレートするのは自明だからだ。


そうなるともうコレは

「言葉狩り」ならぬ「表現狩り」である。


現在取り沙汰されているのは性暴力表現のみだが、それが人権的に駄目だということになれば、当然次は殺人や暴力表現は人権的にどうなのかということになるだろう(て言うか人権的には殺人のほうが当然やばい)。この時点でもまた早々に『スクールデイズ』が引っかかるわけだが、解釈を突き詰めれば戦争ものゲームとかも駄目だろう。

また性暴力が駄目なら、最終的にはセクハラや覗きとかの軽微な性犯罪も人権的な問題となりうる。
覗きが駄目なら『サクラ大戦』ですら駄目だ。
いじめ描写も人権的に云々となれば『トゥハート』や『マヴラブ』の委員長シナリオも駄目・・・って言うかここでも『スクールデイズ』が引っかかる・・・OTL

そして当然、ゲームが駄目なら映像、漫画、小説とあらゆる表現物に問題は広がっていきかねない・・・。
そしたら、AVも当然駄目、戦争もの刑事ものも時代劇も駄目。

最後にはあらゆる物語は成り立たなくなってしまう。


まあ、ここまでくるとかなり極端なハナシ(というか、まあ流石にありえない)だが、
それでも一度こういう規制を許してしまったら、
やがてすべてのフィクション、表現物はつまらなくなってしまうだろうってことはわかる。
現在でさえ、昔に比べてテレビも映画も様々な自主規制の名の下に面白くなくなっているのに・・・だ。


自分はそれこそを恐れるのである。


ていうかさ、政治はホントそんなことをどうこうしてる前に

この不景気何とかしてくれよ! マジで!! 
スポンサーサイト

テーマ : エロゲ - ジャンル : ゲーム


ゲームコメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 フレッシュプリキュア! 第18話
≫次の記事 『クロスデイズ』発売延期・・・OTL

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP