プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

26:『必殺仕事人2009』第10話 補足

2009/03/22 (Sun) 20:16
前回のブログでは興奮冷めやらぬまま(いや、今だ興奮は冷めないのだが)勢いで書いたため,
前回書き残した、あるいは録画を見直して改めて気づいた10話のポイントなどをとりとめもなく――

黒頭巾の内面の苦しみを察していた使用人を犠牲にしたという、母として息子を助けるためにした行いが却ってその狂気を加速させたという強烈に皮肉な因果・・。

如月が傷を負った瞬間に頭に血がのぼって衆人環視の中で得物を使うという仕事師にあるまじき行動をしてしまう涼次。
これは玉櫛を死なせてしまった悔恨をいまだ引きずり、如月だけは姉と同じ目に合わせまいという強い思いがあるがゆえの衝動的な不覚な行動とも取れる。
で、SPでの玉櫛の死直後に「何かやっかいなもん背負い込んじまったようだな」と指摘した主水が、今回その甘さを指摘するというシナリオの的確さ。

そしてやはりなんと言ってもED後の展開―

裏の仕事では華麗な殺しを成す仕事師が、そこから外れた殺しでは無様で穢れた殺戮を見せるのは、個人的には『仕事屋』「悟りて勝負」の半兵衛の刺殺後げろ吐きまくる志賀勝殺しあたりを想起。無様さって意味では『裏か表か』の竜の竹箒ぶん回しとかもそうか。
そしてなんと言っても、これまでもシナリオ的に良くなっているとは感じていたものの、最終的にはジャニタレにカッコいい殺しをさせる番組だというコチラの思い込みを覆す、ここまで凄惨なシチュエーションにしてこのサプライズ! スタッフもそうだが、大倉の演技も見事!

更に小五郎の同僚に追い詰められるという展開、これまでのシリーズでは仕事師が司法側と対峙する場合はその殆んど全てが悪人だったが、今回は職務に忠実な朴訥な役人。無論目撃者は殺すのが掟だが、それをすれば視聴者の共感を完全に拒絶する展開になるという、仕事師の運命は?という意味のみならず放送作品としてもかつてない極限状況!
スゲエ!スゲエ! 何度言っても飽き足らないほどスゲエ!


あとミクシィで某マイミク氏が、源太が「普段子供たちとからくりで遊んでいても、殺しの時の仕掛けを考えてしまう」ってところを笑いどころとしてたんだけど、源太って『2009SP』でも裏稼業を続けることに逡巡してたくせに、涼次に新武器作成を頼まれた際に、ついでに自分の武器もノリノリでリニューアルしちゃうようなお茶目さんだからねえw 無論そういうケレンもまた必殺の面白味♪

しかし次回―
殺しを見たために消されそうになった同心が「ボク、仕事人に憧れてたんです」とか言い出してなんだかんだで仲間になる。更に石の殺傷能力を実感した源太が新しい殺しのからくりに投石器を作る。・・・というのだけは勘弁ww
スポンサーサイト

テーマ : 必殺シリーズ - ジャンル : テレビ・ラジオ


必殺コメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 「マジカルハートこころちゃん」発売一周年
≫次の記事 『必殺仕事人2009』第10話「鬼の末路」

コメント

17:主題歌が流れ終わってからの怒涛の展開

お邪魔します。

音羽屋ではお世話になってました。都の商売人です。

今回の「必殺仕事人2009」#10・鬼の末路、凄かったですね!
小五郎の「依頼人(=殺しの目撃者)殺し」で終わったとしても、
十分「後期仕事人・名作レベル」にまで達していたと思いますが、

主題歌が流れ終わってからの、予想も出来なかった「怒涛の展開」には仰天しました。
今シリーズの仕事人の中では、ある意味で「一番華麗」な殺し方を披露してきた源太が、
その欠片もない「血みどろの殺し合い」をしてしまう皮肉さ……。

あそこで、からくり蛇を引っ張り出してきて、自分の手で相手の首を絞めて殺したとしたら、
(可能性としてはありかもしれませんが)本編ほどの「衝撃度」は感じなかったでしょうね!

しかも、その後に大河原同心が惨状の現場を目撃して、
源太を問い詰めると言うラスト!
この後に「次回、4月10日(金)、夜9時スタート!」とテロップが出るや、
こ、この状態のままで、2週も待てと言うのか!?殺生なあ~~!!
……と叫びたくなったでした!

ある意味で、サブタイトルの「鬼の末路」と言うのは、
今回の無差別連続殺傷事件の下手人である若侍だけでなく、
仕事人たちの行く末も暗示しているような気もします。

2009/03/23 00:33 | 都の商売人 #- URL編集 ]
18:Re: 主題歌が流れ終わってからの怒涛の展開

お久しぶりです
コメントありがとうございます

>こ、この状態のままで、2週も待てと言うのか!?殺生なあ~~!!
>……と叫びたくなったでした!
て言うか実質3週間ですからね~。

> ある意味で、サブタイトルの「鬼の末路」と言うのは、
> 今回の無差別連続殺傷事件の下手人である若侍だけでなく、
> 仕事人たちの行く末も暗示しているような気もします。
これはそうでしょうね。源太自身が自ら・・・と言うか裏稼業に携わることを人でなくなると言っているわけですから。

あと、今回ラストの仕事人が(悪染まってない)司法に追いつめられるって展開は、自分が昔書いたアノ同人誌と一緒なんですよね~(汗

2009/03/23 02:20 | tyoujiya #- URL編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP