プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

245:つぶやき、ツィートより(7月18日~年7月23日分)

2012/07/23 (Mon) 05:23
ここ1週間くらいのミクシィつぶやきとツイッターのオタっぽい発言をまとめてみる。

■特撮

『流星人間ゾーン』の最終回、投げっぱなしっぷりも凄いけど、締めのナレーションで「次に狙われるのは君かも知れない!」って思いきり視聴者の子供の不安を煽ってどうするんだよ!? まともに終わらせられなかったスタッフの腹いせか?(07月22日)

そう言えばリアルタイム時点での歴代ライダーが揃っての変身って結局「五人ライダー対キングダーク」が最後なんだっけ? まあ突然四国にワープしたりはしたけどな。(07月22日)

■アニメ

昨日はファミ劇の『ゲッターロボG』が最終回。百鬼帝国の要塞島撃破後、海上に漂う人影を見て「まだ生き残りがいたか。殺ってしまおう」と言う弁慶。ミチルの「あれは隼人くんよ」の言葉に思いとどまるけど、隼人じゃなくても脊髄反射みたいに殺そうとするなよ。(07月18日)
仮に百鬼帝国の生き残りだったとしても民間人かも知れないんだし、いずれにせよあの時点で既に抵抗する力ないんだろうからさあ。なんかもう、異民族は一人残らず皆殺しにしないと気がすまない危ないヒトだよ。(07月18日)

廃人になってベネズエラでの目撃情報を最後にで消息不明になっていたカーロスがどうやって日本に来たのか…当時から現在に至るまで『あしたのジョー』最大の謎である。(07月20日)
昔は、カーロスは私の全てだとか言いながら、廃人になったら放置するとかロバートって冷たいヒトだなぁと思っていた。(07月20日)
でもロバート的にはさっさとタイトルマッチやりたかったのに、当のカーロスのわがままでジョーと余計な試合して、結果として壊れたんだから(ロバートはホセに壊されたとは知らない)、カーロスの自業自得と思っているかも知れんなぁ。(07月20日)

『スマイルプリキュア』23話考察(?)漫画‐「マーチの屍を越えていけ」
23wa01.jpg 23wa02.jpg

星をも破壊するピエーロ様を一度は撃退させたプリンセスフォームにならないと倒せないスーパーアカンベーとかどんだけ強いんだよ?(07月22日)
ていうかプリンセスフォームにもならないプリキュア単独技に撃退された先週の三幹部はどんだけ弱いん?(07月22日)
プリキュアの水着はダメでモブの水着はOKなん?(07月22日)
プリキュア商法を鬼畜というなら、東電はどう形容すればよいのか!?(07月22日)
メルヘンランドの住人たちは、自分らのために命がけで戦ってくれたプリキュアにありがとうの一言もないのん?(07月22日)
好きな男がピーターパンだという星空みゆきさんと、アインシュタインだという水野亜美さん(映画「亜美ちゃんの初恋」)はどっちがイタいコだろうか?(07月22日)

■映画

先日『砂の器』をDVDで再見してたんだが、野村芳太郎監督作品やはりロケーションが素晴らしいなあ。凄みすら感じさせる情景描写がそのまま情念描写になっているというか…。(07月18日)
『砂の器』はラストのテロップのために、差別はやめようというメッセージの映画なのかという余韻になり兼ねないのが惜しいって言えば惜しい。まあ仕方ないことなのだが…。(07月18日)
それでもらい病そのものをなかったことにしたような近年のリメイクドラマ版より遥かにマシだしなあ。(07月18日)
『砂の器』の殺人動機って、昔は地位と栄光を失いたくないからだと単純に考えていたけど、むしろ地位と栄光を引き換えても父親に会いたかったからこそ、恩人を殺しテロップでもその誘惑を断ち切らなければならなかったんだろうなあ。(07月18日)

映画「異人たちとの夏」をDVDで見返してたんだが、やは何度観ても泣けるなぁ。(07月21日)
「異人たちとの夏」は、当時から現在に至るまで、主人公の風間杜夫と、片岡鶴太郎と秋吉久美子演じる父母とのふれあいの描写は絶賛される一方で、名取裕子の正体が明かされるラストは蛇足だという意見が殆どで、実際自分もそんな感じの評価なんだが…。(07月21日)
しかし当時の予告編とかポスターを見ると、むしろ風間と名取とのホラーラブみたいなのを前面に押し出して〃売り〃にしているんだよねぇ。(07月21日)
でも名取の正体がアレなせいで、風間がやつれた理由が本当に父母のせいなのか(まあ、名取と両方のせいなんだろうけど)がぼやけちゃって、ひいてはあのすき焼き屋での別れのシーンの感動までぼやけ兼ねないのがやはり惜しいって言えば惜しい。(07月21日)

■ドラマ

『特捜最前線』のリメイクでは「恐怖のテレホンセックス魔」はリメイクしませんか?そうですか…(07月20日)

つくしんぼ~ つくしんぼ~ つくしんぼ~よ~ つ~よく~な~れ~♪ という主題歌はもう誰も覚えちゃいねえか?(07月21日)


スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック


オタ話題の呟き、覚え書きコメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 夏コミC82新刊「残り火VOL.8 70年代児童誌コミカライズのヤバいビジュアル表現の本」(6月30日サンプル追加)
≫次の記事 つぶやき、ツィートより(7月4日~年7月17日分)

コメント

236:TVドラマのあれこれ

『あしたのジョー』の原作オリジナル版は、数年前に週刊誌にリメイク連載されてましたが、講談社は(セリフなどに修正がされているとはいえ)こちらを完全収録した単行本を出すつもりは……なさそうですね。『仕留人』OPに流用された黒船来航シーンの出典は『天皇の世紀』(ドラマ版』)第1話でした。時専の『まっしぐら!』は、予告編(制作トピックス付き)で放映されましたが、最近の『仕舞人』はなぜか、予告編無しです。ホームドラマチャンネルの『新仕置人』第2話の巳代松の暗闇の虎(ブラックタイガー=山本麟一氏)仕置シーンは、結局セリフ無しのバージョンが放映されました。『天皇の世紀』第1、2話の大月ウルフ氏は、普通にアメリカ人の通訳を演じていました。当たり前ですね。

2012/07/24 20:29 | なんてこったい(!!) #- URL [ 編集 ]
237:Re: TVドラマのあれこれ

>なんてこったい(!!) さま
> 『あしたのジョー』自体を知らない、興味ない世代の方が増えているという現状もありますからねえ。

2012/07/29 06:18 | tyoujiya #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP