プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

210:つぶやき、ツィートより(11月20日~12月02日分)

2011/12/03 (Sat) 04:50
ここ二週間くらいのミクシィつぶやきとツイッターのオタっぽい発言をまとめてみる。
相変わらずDVDで昔の特撮怪獣映画やたら見てる日々。あと劇場版マジンガーとかぼちぼち見てた。


■コミカライズネタ絵

新刊5巻でも出番が少ない『仮面ライダーSPIRITS』の緑川ルリ子 にアクションさせてみた
緑川ルリ子


■特撮

『海底軍艦』のオープニングはやはりソナー音込みだよなぁ(11月20日)
ムー帝国のプロモーションフィルムを、一生懸命編集、アフレコしたり、タイトルロゴ作ったりしたムー帝国人がいたと思うと和むw(11月20日)
『海底軍艦』のDVD、レッドサタン号のシーンで字幕が画面外に出るんだけど、劇場公開版と違うマスター使ってるの?(11月20日)
基本的に特撮ファンというより怪獣ファンなので、怪獣の出ない『宇宙大戦争』はもちろん、怪獣がオマケ程度の『地球防衛軍』なども自分の中では一ランク下になっている。(11月20日)
しかし『海底軍艦』は怪獣がオマケ程度でも、神宮寺大佐、轟天建武隊、轟天号、ムー帝国といったキャラクターがあまりに強烈なので別格なのでした♪(11月20日)
高島は、将来神宮寺大佐をお義父さんと呼ばなければならないのか? 大変そうだなぁ…(11月20日)
『海底軍艦』の「キチ○イに刃物」といい、『フラバラ』の「メ○ラにしてしまえば」といい、高島は放送禁止用語が好きだなぁ。(11月20日)
上原謙「この岩の中をどうやって進むのかね?」←このヒトにはあんなにデカいドリルが見えないのか?(11月20日)
惚れてる女の前で、皇帝に強制ストリップを迫る高島。(11月20日)
皇帝というこの上ない人質を取りながら、(皇帝でなく国の方に)降伏を迫ったり、停戦交渉するでもなく、問答無用で皆殺しってのも考えてみると凄ぇオチだなぁ(11月20日)
神宮寺大佐が皇帝の意思は訊いても、ムー帝国民の意思は一切訊かなかったのは、やはり未だ彼の中では〃皇帝=天皇〃絶対主義だったからなんだろうなぁ。(11月20日)

今気付いたけど、昨日のファミ劇の「帰りマン」12話の次回予告が14話だった。津波怪獣欠番か~(11月20日)
ファミ劇がアレなのでDVDで『帰ってきたウルトラマン』の津波怪獣回見ていたけど、まあたしかに時節柄この映像はヤバイわな~。(11月22日)
ただ、この『帰りマン』屈指の特撮スペクタクル編たるこの前後編が抜けると、本作全体の魅力が一割ぐらい減少のような気がする。(11月22日)
まあ怪獣もの自体、広義の意味では自然災害による街の破壊を描いているんでヤバいって言えばヤバいんだけどね。(11月22日)

子供の頃『怪奇大作戦』って実は観たことなくて、厨房の時にファンコレ「ウルトラQ・怪奇大作戦」が出た時には、『ウルトラQ』だけでいいのに、何で俺の知らない、怪獣も出ないような番組をカップリングするんだ!?と腹を立てたものだ。(11月21日)

『ゴジラ×メガギラス』「総理が原発廃止を決断しました!」ヒャッハー!! …素晴らしい!(11月23日)
但し廃止理由は原発が危険だからではなく、原発目当てにゴジラが来るからなんだけどね。(11月23日)
しかし危険であるエネルギーを利権目当てで色々隠蔽しながら継続しようとする政治家たち…タイムリーすぐる!(11月23日)
『ゴジラ×メカゴジラ』って、昭和ゴジラ~エヴァを経たオタクが描いた二次創作みたいな映画だよなぁ。(11月24日)
『VSビオランテ』や『VSメカゴジラ』でゴジラが海に帰ってめでたしって終わり方は、また明日にでもゴジラが上陸してくるかも知れないのに、何でそこでまとめちゃうのん?って思うんだけど、『×メカゴジラ』は同じようていて、現在の人類にはゴジラと渡り合える兵器があるのだ(キリッ…ってところがいいんだなぁ。(11月24日)
ぶっちゃけ『VSビオランテ』とか、一作目で言えば、品川に上陸したゴジラが海に戻るところで終わってるようなもんじゃん?(11月24日)

『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』の、イントロはあらゆるモスラ映像の中でも屈指のワクワク度。(11月26日)
だか『東京SOS』自体は、盛り込み過ぎた挙げ句何を言いたいのかわからない、二次創作的でありながら一応まとまっていた前作に対し、駄目二次創作みたいな作品なのであった。(11月26日)
大体モスラとメカゴジラの組み合わせって刺身とカレーを同じ食卓に出されたみたいだ。まあ出された以上は一応両方食べるけどねw(11月26日)
メカゴジラを出撃させない為にモスラが頑張ってるのに、「モスラが頑張っているのを見捨てておけん。メカゴジラ出撃!!」という展開に脳ミソが溶けそうだ。(11月26日)
機龍シリーズって、ゴジラは一作目以降出現してない設定だから、モスラやカメーバは存在してもアンギラスは存在しないのだねえ。(11月27日)
キングコングはどうなのかしらん?(11月27日)

『大怪獣バラン』〃婆羅陀巍〃山神と書かれた石碑を見て、「これは何と読むんだ?」とかでなく、何の迷いもなく「バラダギさんじん」と読むお兄さんたち。(11月27日)
『バラン』は中盤ひたすら海上での迎撃が続くのがタルいのねん。(11月27日)
『バラン』は根幹の部分を謎と神秘と言えばこと足れりとしているところが潔いのだなぁ。(11月27日) 破壊したのが部落一つと空港だけという中途半端なスケール感…。(11月27日)

『大魔神』~魔神封じの踊りのリズムが『キンゴジ』の土人の踊りと酷似。どちらも巨大な魔神を鎮める為の音楽には違いないのだが…。(11月27日)
『大魔神』シリーズは年少客も見据えたいわばファミリー時代劇だが、現在一般向けでもこれだけ重厚なムードを持つ時代劇が作れるのか?(11月27日)

NECOで、『アンドロメロス』放送開始したのだが途中で視聴放棄…。コレ俺には無理w(11月30日)

そういえばウルトラの映画を地上波でやるのって、凄い久々じゃなイカ?>ウルトラマン列伝(11月30日)

本多監督の遺族は、『ファイナルウォーズ』を故人に捧げてもらっただけでは駄目だったですか…そうですか…(12月01日)


■アニメ

実は『スイートプリキュア』でキュアミューズ登場時、初の眼鏡プリキュアと勘違いしていた。つい一作前のつぼみさんのことも忘れて…(汗(11月21日)
そしてつぼみさんのことを思い出して、まあつぼみさんは常時眼鏡じゃなかったし、忘れてても仕方ないなと必死に自分に言い訳していた時点でゆりさんのことを忘れているという…(11月21日)
眼鏡者としてすっかり堕落してしまったョ…orz(11月21日)
ピンで主人公のプリキュアがあってもいいよなぁ。かつてのムーンライトさんみたく…(12月2日)

頬がほんのり紅潮してしっとり汗かいた清美たんのエロ可愛さはガチ>昨夜のイカ娘(11月22日)

『マジンガーZ対デビルマン』~いとも簡単に悪魔を操縦してしまうドクター地獄マジ天才!(11月27日)
当時の子供たちにとっては、空飛ぶマジンガーZのデビュー編をデビルマンをゲストに劇場の大スクリーンで観るなんて凄いイベントだったんだよなぁ。(11月27日)
まだ妖獣に拐われたさやかたちが戻らないのに、スクランダーが壊されたことばかり嘆く三博士と弓教授…(11月27日)
甲児「スクランダーを発射して下さい」→弓教授「いかん、テストをしないと危険だ」→甲児「発射しなければ教授を一生恨みます」さやか「さやかも」シロー「僕も」→弓「わかった、スクランダー発射」……この流れって、弓教授が、自分が恨まれたらかなわないので多少甲児君が危険でもいいかって考えてるように聞こえるんだけど…。(11月27日)

『マジンガーZ対暗黒大将軍』のオープニングは、僕たちの描いたマジンガーが大スクリーンにという、正にチビッコの夢の具現化だねい。(11月28日)
世界の破滅の預言者ってのが、当時の世相を反映しているのだなあ。(11月28日)
マジンガーZは決して弱く描かれているわけではないのにも関わらず、醸し出されるこの上ない悲壮感がたまらんのだなぁ。(11月28日)
やはり甲児の出撃シーンは、さやかとキスする桜多版コミカライズがあるべき流れだよなぁ。(11月28日)
ボロットが飛ぶシーンって、あのロケット(ミサイル?)だけ打ち出せばいいわけで、ボロットが行く意味ないよなぁ。(11月28日)
予告だとグレートってシルエットしか見せてないのね。(11月28日)

『グレンダイザー対グレートマジンガー』は本当に戦うところがいいのだねい。(11月29日)
いきなりやって来たバレンドスが、自分の仕事が上手くいったらガンダルたちは馘宣告。それだけならまだしも、生きたまま棺桶に詰めて宇宙に放り出すとかブラック企業すぐる!(11月29日)
グレートは奪っても隣にあるマジンガーZはガン無視とかどういうことよ!?(11月29日)
最強のロボットは欲しても二番目のロボットは要らんということか? 蓮舫「二位では駄目なんですか?」(11月29日)
しかし初めて乗るグレートを使いこなすバレンドスの操縦スキルすげえ。司令官なのに尋問は自分でやるし思いきり前線に立つし…有能で働き者だ!(11月29日)
久々に張り切って必殺技名を叫びまくる甲児君♪(11月29日)
デューク「グレートじゃ無理だ!」甲児「いいから任しておけって!」→このやり取りの後グレートが全くピンチにならずに、むしろコアコアの体当たりからグレンダイザーを助けるトコがいいのだなぁ。(11月29日)
甲児君に聞いた弱点を攻撃してグレートの機能を停止させておいて、「さぁ、立て!」とか無茶な挑発するデューク、カッケー!!(11月29日)

『グレートマジンガー対ゲッターロボ』『グレートマジンガー対ゲッターロボG』は作画のイマイチ感が否めないなぁ。一応作監小松原さんなんだけど…。(11月29日)
ムサシの、目が眩んで自滅って死に方も酷い。(11月29日)
弁慶の空気っぷりも半端ねぇな(11月29日)


■時代劇

吉右衛門版『鬼平』第一シリーズ第一話のゲスト(メインゲストは近藤正臣だが)の牟田悌三は、先代幸四郎版鬼平の粂八役。その幸四郎版第一シリーズ第一話が粂八デビュー編の「血頭の丹兵衛」なわけで、超今更ながらマニアックな人選だったんだねい。(12月01日)


■映画

昨日NECOでやっていた『夕凪の街 桜の国』見た。原作コミックは実家にあってもう何年も読んでなくて記憶もおぼろ気な筈なんだけど、見ていると漫画の場面が一つ一つ浮かぶ辺り、見事な映画化だと言わざるを得ない。(11月30日)
それでいてビジュアル的に実に映画的な作品で、逆にいうと原作コミックが実に映画的な画つくりがされていたということなのだろうなぁ。(11月30日)
七波のお父さんはハマりすぎだよなぁ。(11月30日)

ヒロシマをテーマにした作品って、反原水爆のメッセージのみが大きく耳に響きがちなんだけど(無論被爆者の原爆への怨念を考えればそれは当然なんだけど)… 原水爆は使う側にとってはあくまで手段であって、人間の生きる権利、幸福になる権利を奪うのは根源は〃戦争〃…。(11月30日)
原水爆反対を訴える時は、同時に同等以上に相手に響く声でまず反戦を訴えることを忘れてはならないだろう。(11月30日)
翻って、権力者たちによる隠蔽や放置、杜撰な対応で、放射能により多くの国民から生きる権利、幸福になる権利を奪われようとしている現実が…(11月30日)


スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック


オタ話題の呟き、覚え書きコメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 さらば 内山まもる先生
≫次の記事 つぶやき、ツィートより(11月06日~11月19日分)

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP