プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

167:林ひさおのウルトラマンエース

2011/03/01 (Tue) 19:40
今回は(も)同人誌や昔のミクシィ日記に書いたネタなんだが・・・

先日書いた『メビウス』では"北斗星児と南夕子の月世界での再会"も一つの目玉となっていた。
しかし実は『A』当時の「小三」でのコミカライズで既にそのネタはあったのです。
それも夕子との再会だけでなく、人間体含む兄弟の客演、月を地球にぶつけようという敵宇宙人のスケールの大きな作戦と、盛りだくさんな内容で。

ただ、そう書くとなんだかやたら面白そうに感じられるかもしれないが、兄さんたちの人間体の濃い目なルックス
林エース03
とか、ストーリーも、夕子との再会とか兄さんたちの登場とかもなんだか盛り上がらないままだらだら進行していって、実際にはかなりビミョーなのでした。
夕子のベルトのハートマーク
林エース01
とか、月世界住人の三日月マークのヘアバンド
林エース05
とかもかなりビミョーなセンス

ちなみにコレを描いていた林ひさおは『A』の4話で九里虫太郎の原稿を描いていたらしく、内山同様の円谷オフィシャルなコミカライズ作家と言える?

あと、この話で敵宇宙人が繰り出したのが3体の超獣。
コレに対し、マン、セブン、エースが立ち向かうわけだが、その際のエースの台詞が↓の画像。
林エース08
って、え? エースさん? 3対3なんですけど・・・。
そして結局・ゾフィ-と新マンが加勢したりして、なんだかなあ・・・。

で、敵宇宙人は『妖星ゴラス』みたく、月を巨大なロケット噴射口で動かして地球にぶつけようとする。そこで5兄弟はロケットに体当たりして月の軌道を変えて、地球は助かったバンザーイで終わるんだけど、月は軌道を変えただけで何処とも知れず飛んで行ってるわけで、
林エース10
夕子たちはありがとうとか言ってる場合じゃないと思うんだが・・・。

スポンサーサイト

テーマ : ウルトラマンシリーズ - ジャンル : テレビ・ラジオ


コミカライズ(特撮・アニメ関連)コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 地震後の日々
≫次の記事 「まどか☆マギカ」は魔法少女もののアンチテーゼか?

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP