プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

133:発掘された「必殺仕置人」絵とかテレ玉で観てる「仕事人」とか・・

2010/10/01 (Fri) 20:02
仕置人
20年くらい前に描いた「必殺仕置人」オープニング。錠の顔のバランスが悪いなぁ(汗

現在もそうだけど、当時から必殺シリーズの中ではやはり「仕置人」が一番好きでとにかくシリーズ創草期の作品の持つパワーに圧倒されてました。この絵を描いていた頃は、まだ必殺でも所有しているビデオもほとんどなく、中古屋で買った「仕置人」1話のソフトを何度も何度も繰り返し見たなぁ。

あと最近テレ玉の必殺再放送が「仕事人」後半やってて、この時期のって左門さんの一緒にいると肩凝りそうな性格や反発しては主水に怒られたり殴られたりばかりしてる秀に馴染めなかったりして、あまり好きじゃなかったんだけど、改めて見ると主水と秀がお互いにすげえ意識しあっているのが見えてなんかすげえ微笑ましいのね。
お前らツンデレ同士のカップルかよ!?

あと最近発見したんだけど、「大暴れ」でググると、「大暴れ仕事人 横浜異人屋敷の決闘」が二番目にクル!

スポンサーサイト

テーマ : 必殺シリーズ - ジャンル : テレビ・ラジオ


必殺コメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 「スクールデイズHQ」発売
≫次の記事 アイマス~9・18事件

コメント

114:『仕置人』『仕事人』『激闘編』『必殺スペシャル』について

『仕置人』は、傑作選として発売された第1、4、10、11、15、22、26話を中心に観ています。第1話は、DVDのOPをビデオソフトのそれに差し替えた「本放映再現版」を観ています。『仕事人』ですが、全84話+スペシャル1作の長編作品ですが、3人の元締の交代劇(終盤の元締不在)や左門の凄腕浪人→屋台の怪力坊主へ変更、加代とおしまの途中参加、といったマイナス面(てこ入れの嵐)が、なんだか目立つ作品です。こんなにひとつの作品で、レギュラー・キャラ(出演者)の変更が多いと『ジャンボーグA』を連想します。あの作品もレギュラー・キャラの変更が敵・味方の区別なく、頻繁に行われました。あと、『仕舞人』以降の女性の「仕事師」(この言葉は、『仕留人』第15話の大吉のセリフが初登場?)は元締というより、円谷作品の防衛チームのチーフ(副隊長)に近いでしょうか? なんか、そういう感じがします。『激闘編』のEDでせん(菅井きん氏)の名前が起こしテロップとなっていますが、これは、裏稼業以外のレギュラーでは、唯一でしょうか? 『必殺スペシャル』は、『必殺忠臣蔵』以降、歴史事件の史実性を重視しなくなった感じがします。よく上杉家の江戸家老の千坂兵部が『忠臣蔵(赤穂浪士)』作品に千坂兵部が登場しますが、この人物は、松の廊下事件の時点で、すでになくなっています。これと同じ事をほかの時代劇(小説)でもやっていて、大河ドラマの『赤穂浪士(この原作小説が初出)』、三船プロの『大忠臣蔵』でも故・丹波哲郎氏が演じてました。

2010/10/03 12:28 | なんてこったい(!!) #- URL [ 編集 ]
119:Re: 『仕置人』『仕事人』『激闘編』『必殺スペシャル』について

『仕置人』傑作選はあまりいいセレクトではなかったような・・。「ぬの地ぬすびと・・・」とか、鮎川いずみがゲストだから選んだだろ・・・みたいなW

2010/10/09 08:26 | tyoujiya #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP