プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

109:『熱中時代』と『ウルトラマン80』

2010/06/11 (Fri) 20:44
最近CSでやっている「熱中時代」(教師編二期)を見ているのだが、これが実に面白い。
これ当時リアルタイムでも見ていて、その後「金八」が放映された時に、「金八」に比べると「熱中時代」って寓話だよなあとか思ったりしていた嫌なローティーンだったんだけど、いやいや改めて見ると、そういう寓話的な部分と真面目に(小学生教育の)問題にとり組んでいる部分のバランスが実に絶妙で、それがドラマとしての面白さや娯楽としての完成度に見事につながっているのね。

それはそれとして、主人公の北野広大先生(水谷豊)ってあんまり人格者じゃないのね。
秋野太作演じるライバル先輩教師田丸と口論になった時とか、自分の(教育の)やり方を否定するような言い方をされての売り言葉に買い言葉とは言え

 「田丸先生もあんまり評判よくないですよ。

 影でみんな言ってますよ 

って…おいおい、それは言っちゃいかんだろ(しかも再着任してまだ日も浅いのに…)!

あと3話で岸田森が出演しているんだけど、教師が嫌になって一学期半ばで現場を放棄した北野先生のクラスの元担任というキャラクターの屈折していながら悪い人間ではないという辺りを絶妙に演じていましたな。で、これって日テレにおける亨と辰巳さん(「傷だらけの天使」)の再会でもあるのね。

熱中時代



で、先生モノと言えばやはりCSで放映中の「ウルトラマン80」(初盤の先生編)見ているんだけど、実はリアルタイム以来の視聴。
30年経っての現在の俯瞰した視点で見ると、これもありだと思うし、実際それなりに見れるんだけど、中坊だった当時にウルトラとしても先生モノとしても「ダメだこりゃ」と思っていた自分の気持ちも十分理解できてしまうという困った作品なんだよね~w

スポンサーサイト

テーマ : 懐かしのドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ


ドラマコメント(6)トラックバック(0)|

≪前の記事 :「ゴジラ」東宝特撮未発表資料アーカイヴ   読了
≫次の記事 今年の夏コミ

コメント

96:『熱中時代』のレギュラー出演者の関連(出演)作品について

『熱中時代』(第二期)ですが、確か、日本テレビ出版の記念企画本か何かに「『教師編』二部作に共通する(大人の)レギュラーは、北野先生(水谷豊氏)、天城校長一家(船越英二、草笛光子、太川陽介氏)のみである。」と書いてあったのを思い出します。実際は安達教頭(小松方正氏)がいます(ほかにもいるかもしれませんが)。小松氏は『江戸プロフェッショナル必殺商売人』第1話では、おせい(草笛氏)の誘導で新次(梅宮辰夫氏)に仕置される悪人を演じていました。草笛氏といえば、『必殺仕置屋稼業』のOPナレーションを担当していましたが、最近のCS(衛星劇場)放映版の第1話のOPが幻の松竹ビデオソフト版のそれと同一(ヘルメットをかぶった印玄(新克利氏)の顔のアップが無い)となっています。このバージョンの映像は最初(本放映時以前)から存在するものでしょうか? あと、『熱中時代』3部作は純粋な音楽(BGM)集はまだ発売されていないような……。早く発売される事を期待しています。

2010/06/18 23:50 | なんてこったい(!!) #- URL [ 編集 ]
97:Re: 『熱中時代』のレギュラー出演者の関連(出演)作品について

>なんてこったい(!!) さま

濃いコメントありがとうございます。
最近DVDで商売人も見直していて、草笛さんの芸達者ぶりにうならされてます。


>『熱中時代』3部作は純粋な音楽(BGM)集はまだ発売されていないような……。
昔のドラマは特撮アニメに比べ、一部を除いてBGM復刻に恵まれませんよね。
大河ドラマも近年のは別にして、昔のは主題曲のみですしネエ。

2010/06/20 06:21 | tyoujiya #- URL [ 編集 ]
98:『水谷豊BOX』と舞台版『必殺仕掛人』について

tyoujiya(管理人)様、コメントありがとうございます。 10枚組CD『水谷豊BOX』のDISK9に『(熱中時代)刑事編』が、DISK10に『(同)教師編(第二期)がそれぞれのアルバムの音声が収録されています(現物ではなく、CDショップの検索機を試聴)。やはり、ドラマ音声入りでした。 『熱中時代』3部作のレギュラー・草笛光子氏と『必殺必中仕事屋稼業』で協演した故・緒形拳氏が藤枝梅安を演じた最後の作品である舞台版『必殺仕掛人』の資料を購入しました。『池波正太郎が書いたもうひとつの「鬼平」「剣客」「梅安」』(武田ランダムハウスジャパン)という本です。最近、『必殺』の関連書籍が発売されていない為(昨年の『2009』本は新作中心の為、旧作ファンには物足りない内容)、購入しました。よく映像化される「秋風二人旅」が原作ですが、同作の内容に「春雪仕掛針」冒頭の仕掛シーンと元締が次の新しい仕掛の依頼を梅安に断られるシーン、「おんなごろし」冒頭の煙草を吸って梅安になぐられる下駄屋の金蔵のシーンなどが台本(脚本)では付け加えています。舞台版オリジナル要素としては、仕掛の標的である浪人一味が「雷神党」を名乗っていたり、梅安の師匠・津山悦堂の墓が品川台町にあったり(梅安と彦次郎は京都へ旅に行かず、起りの峯山又十郎とは江戸で会う)、雷神党の最後の一人をラスト直前に仕掛けるシーンなどがあります。原作者自身による脚本・演出の為、純粋な『必殺』の舞台作品とば言えませんが、貴重なものです。ただ、写真や当時の関係者インタビュー、興業成績などの作品の雰囲気を伝える資料がなかったのが残念です。

2010/06/23 21:23 | なんてこったい(!!) #- URL [ 編集 ]
99:Re: 『水谷豊BOX』と舞台版『必殺仕掛人』について

舞台版『必殺仕掛人』の資料は中々無いですね。確かフジテレビから出ていた鬼平のムックに、スチール写真が一枚だけ掲載されていたはずです。

2010/07/03 19:48 | tyoujiya #- URL [ 編集 ]
130:忘れられてる

前田先生(執行佐智子)もいますよー

2010/10/23 19:35 | しょし #wLDFEVi2 URL [ 編集 ]
131:Re: 忘れられてる

> しょし様
前田先生一作目から影薄かったですからネエ(汗

2010/10/29 21:25 | tyoujiya #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。