プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

267:つぶやき、ツィートより(3月6日~年3月20日分)

2013/03/20 (Wed) 20:30
ここ2週間くらいのミクシィつぶやきとツイッターのオタっぽい発言をまとめてみる。

■特撮

『イナズマンF』の「青い瞳のインベーダー」って、ゲストの男女がすごいダイコンなんだけど、逆にそれが宇宙人ってことに説得力を与えて、エピソード全体に不思議な印象を与えてるなあ。(03月06日)
だが使節としてやって来てる宇宙人にインベーダーは違うだろうと…(03月06日)
『イナズマンF』21話~スプレーデスパー「お前は蜘蛛の巣にかかったトンボのようなものだ!」…いや、イナズマンは蝶だから。トンボだったらサナギマンじゃなくヤゴマンだ!(03月15日)
むしろその台詞はV3を捕えたクモナポレオンに言って欲しかったかも?(03月15日)

「プリキュアオールスターズNS」に対して否定派に言われる、オールスター映画としてガッカリ感など、「8人ライダーvs銀河王」のガッカリ感の足元にも及ばないのだ!(03月10日)
ちなみに「ウルトラ6兄弟vs怪獣軍団」はもはやガッカリを通り越して「唖然」(03月10日)

MXで24日に放送の『ウルトラマンを作った男たち』って、三上博史が実相寺さん、三宅裕二が円谷一さんを演じたヤツ?(03月13日)
『ウルトラマンを作った男たち』って、「空の贈り物」でのハヤタがフラッシュビームとスプーン間違える演出を実相寺さんが偉いさんにぼこぼこに言われる辺りがクライマックスになるんだけど、問題視されるのがスプーンのシーンだけってのがリアルタイムでもすげぇ違和感あったなぁ。(03月13日)
「空の贈り物」がセオリー外してるのはそこだけじゃないだろ? って言うか全編だろ!(03月13日)
『ウルトラマンを作った男たち』って『私が愛したウルトラセブン』に比べてもCS含めて再放送がほとんどなかった気がする。って言うか観るの実はリアルタイム以来かも知れない。(03月13日)
実相寺を、融通の効かない現場で思うように出来ない新参演出家として描きたかったんだろうけど、ドラマ内の三上(役名は吉良だっけ?)は、周囲に気を使ってくれる人間が何人もいたり、演出外のことにも結構口出したりしてて、社会人としては恵まれていたよなぁ。(03月13日)

『宇宙からのメッセージ』は成田三樹夫が何かしら言うだけで腹筋崩壊しそうになる。(03月13日
なんで時代劇口調なんだよwww(03月13日)

『ティガ』からの平成三部作は殆ど見ていないのに、『メビウス&ウルトラ兄弟』より『超ウルトラ8兄弟』の方をつい見返してしまうのは何故だろうか?(03月19日)

■アニメ

「なかよし」連載の北上ふたごセンセのプリキュアコミカライズが、毎年これから最終決戦というところで終了し、翌月号からは新シリーズが始まってるのは、「テレビランド」の松本めぐむ版『仮面ライダーV3』~『X』のみたいなものと言えばわかりやすい?(03月08日)
ただフレッシュ以降、その後に発行されるムック「おはなしブック」に描きおろし最終回が描かれるのが通例になっていたのだが、今月発行された「おはなしブック」には『スマイルプリキュア』の最終回が描かれなかった。(03月08日)
さすがのふたごセンセをしてもあのグダグダ最終決戦をまとめるのは無理だったか?…いや、むしろ嫌だったか?(03月08日)
そんなこんなで打ち切り臭いものの、最後まできちんと笑顔で終わる辺りはあのひたすら泣きまくる最終回より遥かにましなシメ方だったり…。(03月08日)
て言うかふたごセンセの『スマプリ』は全体を通しても笑顔の意味や大切さを重んじていて、グダグダなテレビシリーズの構成より遥かに一貫性を持ってまとまっていて、他のシリーズでもそうだけど、コミカライズのお手本みたいな出来♪(03月08日)
それだけにふたごセンセなりの物語の着地点を見せて欲しかった。まああのテレビシリーズの最終決戦見たらモチベーションなくなったのは十分理解出来るけど。(03月08日)

『プリキュアオールスターズDX3』の歴代21人変身はやはり壮観♪劇場で見た幼女は興奮しただろうなぁ。(03月09日)
長期シリーズものでの歴代揃っての変身ってありそうでないのだよなあ。仮面ライダーシリーズでも、その時点での歴代揃っての変身は『V3』でのキバ男爵戦の三人変身が最後だし…。(03月09日)
アクアの「ドリームなら顔を上げて真っ先に立ち上がっているところね」っていう台詞が、先立つピンクチームが全員ダウンした場面でドリームが真っ先に立ち上がっているのと繋がっているのがいいなぁ。(03月09日)
『オールスターズDX3』のエンディングの各シリーズの妖精との出会いシーンダイジェスト、シロップの巨大飛行機形態での初登場シーンはインパクト有りすぎで笑うなぁ。(03月09日)

「まこぴーがキュアソード?」って、前回DNA迄一致してたのに今更…>『ドキドキプリキュア』 #precure(03月10日)

『プリキュアオールスターズNS』思っていたより良かったな。オールスター映画としてではなく、一人の少女の成長を(主に近作の)歴代プリキュアが応援してくれる物語と見ればかなり評価できる。 #precure(03月10日)
テレビシリーズでどんどん壊れていったスマプリ勢だが、NSの時点での作り手には、可愛くていざというときには頼もしいヒロインとしてとらえられていたのだなぁと実感する。 #precure(03月10日)
『NS』の黄瀬にはテレビシリーズでの性格の悪さの片鱗すら見えんな(03月10日)@

今回の『プリキュアオールスターズNS2』は、ドキプリ勢がスマプリにはビューティのみにしか敬語使わないとか、ソードがピースに「先輩」と目を合わせずに言うとかホント?(03月19日)

アニメージュの今月号はプリキュア十周年特集。フレッシュ~スマプリ迄の梅澤プロデューサーのインタビューで、スマプリ最終回では、プリキュアはピエーロを消し去ったのではなく、内包したという解釈だとか。(03月12日)
でもピエーロって「怠惰」なんでしょ?元々怠惰なスマプリ勢がこれ以上怠惰を内包してどうするのかと小一時間…。(03月12日)
そもそも作品内からはとても読み取れない解釈や設定、情報をあとから実はこうだったとか語ることが最近の作り手には多すぎる気がする。(03月12日)
まあインタビューは語ることを求められる場だからまだしも、ツイッターで嬉々として語られるのはなぁ…。そんなに語りたいなら作品内で語れよと小一時間…。(03月12日)

MXの『スイートプリキュア』の後番組は『スプラッシュ☆スター』ですと!? 現状唯一きちんと見ていないシリーズだけに純粋に楽しみだな♪(03月13日

買いはぐっていたプリキュア新聞買ったなり~。会社の駐車場で車中にむき出しで置かないように注意しなくては…(汗。 (03月14日)
プリキュア新聞は「お父さんお母さんのための~」と吟いながら、文字は大きく漢字には振り仮名もあって、親子一緒に読む新聞というのが正しい認識なんだろうなぁ。まあ買っている大部分は大きいお友達なんだろうけど…(03月14日)
しかし懸賞クイズの『マックスハート』のとこの「私たちは何人のプリキュアでしょう?」って難しくね? シャイニールミナスは厳密にはプリキュアじゃないけど『オールスターズ』ではプリキュア扱いだから、出題者がどう解釈しているのかで答分かれるぞ。(03月14日)

文化放送で安田成美の「風の谷のナウシカ」かかっているな(03月11日)
「ナウシカ」という作品はアニメ史に残る名作と言われるが、ナウシカガールは黒歴史という…(03月11日)

■スクールデイズ

つまり伊藤誠さんは柔道界の人だったわけであるな。/痛いニュース(ノ∀`) : 「死ね」はあいさつ代わり…柔道界の実態 - ライブドアブログ

■映画

昨日のBS11の山田洋次が選ぶ邦画100はラストで『男はつらいよ』第一作。元々予定されていた放送だが、また光本さんの訃報とタイミングが合っちゃったなぁ。(03月06日)

■漫画

『よつばと』12巻のラストが「何このきれいな最終回?」な件(03月09日)


■訃報

納谷悟朗さんも逝かれましたか…。ショッカー首領や沖田艦長、とっつぁんは言うまでもなく、個人的にはニック・アダムスを始めとする東宝特撮の外人吹替えも印象深いです。ご冥福をお祈りします。(03月11日)

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック


オタ話題の呟き、覚え書きコメント(2)トラックバック(0)|

ブログ TOP » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。