プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

231:『必殺仕事人2012』

2012/02/20 (Mon) 21:07
昨晩放映された、久々の新作必殺となった『必殺仕事人2012』の感想をとりとめもなく・・・。

自分は今回の必殺は、変に色々つめこんだり気負ったりせず、重厚さはないけど気楽に楽しめる娯楽作品としてなら結構いいなぁと思いました。
脚本的には、わかりやすい悪事の犠牲になる若い恋人たちという、オーソドックスかつ先の読める地味でややゆるめなルーチンワークだったけど、その中でレギュラー、ゲストそれぞれのキャラクターの行動や心情をそれなりにきっちり描いていて、悪人も幕閣だの大奥だのといった大物にせず、弱い人間を踏みにじる悪を大物俳優が楽しそうに演じることで存在感を醸し出していたのがよかった。まあお春の仕事依頼シーンが仕事人Ⅴの頃の定番「しっかりしろい!」パターンで演出もだらだらしていた感は否めなかったが…。
高橋英樹で双子の兄弟ってのは桃太郎侍のオマージュでもあり、かつやはり「秋風二人旅」を意識しているのだろうけど、「秋風~」をやりたいならやはり依頼シーンで双子の正体明かしをした上で、実の兄弟の殺しを依頼することの葛藤、あるいは本当は自分の手で始末をつけたいながら力及ばぬ無念みたいなものを語らせながら、仕置き後にしてやったりと言いたげな笑顔で締めるとかしないと「本当の悪人はあの人」という台詞が生きないのですね。結局実作品では意外性の為の意外性に終わってるのは残念なところ。

あとは、覚え書き的に―
○新オープニングナレーション&映像はよかった。
○ジャンクフードネタは
 カレーは鉄だったら「こんな下痢した時ののう○こみたいなもん食えるか!」とか言ってたかも知れん? 
 ハンバーガーに対しお春に「お箸も使わずに食べるなんてはしたない」と言わせて育ちのよさを再認識させる辺りはよかった。
○死体を土嚢にするとか滅茶苦茶不衛生だろ!?川の水に悪い病原菌とか蔓延るぞ。 

しかしネットの意見見ているとせっかくのスペシャルなんだから、もっと相手を巨悪にして殺しも派手に見せ場を多くして欲しかったみたいな意見も見られたけど、週一レギュラーの中でのスペシャルならともかく、一年以上ぶりの単発スペシャルなんだから、今回みたいなオーソドックスな作りの方が久々に必殺を見たって気になると思うのだが。まあ次回以降があるならキャラクターの掘り下げはもう少しきっちりやっていただきたいとは思うが…。

ともあれなんだかんだで楽しめる作品でした。必殺の今後の展開に期待したいです。


スポンサーサイト

テーマ : 必殺シリーズ - ジャンル : テレビ・ラジオ


必殺コメント(2)トラックバック(0)|

ブログ TOP » 次のページ