プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

106:「新世紀エヴァンゲリオン・破」のDVD

2010/05/25 (Tue) 20:40
「エヴァ破」のDVDが尼から届きました。
まず初回特典のフィルですが・・・電柱でした・・・orz

アスカ台詞02
で、とりあえずアスカのリョナっぽい絵。まあこの時アスカは精神汚染されてるわけで、こんなこと言ってるわけはないんですが…。 

感想については劇場公開時のブログにも書きましたし、今回改めて感じることもありますが、まあそれもすでに多くの人に語り尽くされていることでしょう。

ただ前のブログで書かなかったことで、改めて上映当時から強く思うのは、あのシーンでかかる「今日の日はさようなら」の〃いつまでも絶えることなく友達でいよう〃という歌詞と、その後の「父さんも大切なものを失ってみればいい」という台詞は、この映画の大きな肝ってコト。
すなわちここはシンジくんが、アスカのことを〃友達〃でありかつその関係が不変であることを望んでいたことを示しており、かつアスカが自分にとって〃大切なもの〃だと公言しているわけで、ここは他者との関係に何処かしら心地よさを感じながら、最後まで躊躇し続けた旧シンジくんとは違う方向を向いているわけで、それは明らかに本作そのものの方向性、そして向かっている結末そのものが違うことを意味しているわけで、細部における旧エヴァとの差異や未だ明かされない旧エヴァとの関係を絡めて、本作のキャラクターたちをかつてとは違う道に歩ませているのは何かという謎…ひいてはそれがこのシリーズをどのような結末へと導いてくれるのかというの興味を煽ると共に、この新劇場版の世界が旧作を知る者をこの上なく魅了する要因であることは間違いない。

あと一つだけ。
以前のブログにも「破」は単体でも楽しめるけど、旧テレビシリーズや旧劇場版を知っている上で見ることで(ニ周目として)より楽しめるといったことを書きました。で、まあ有名なので知っている人は知っているでしょうが、以前STUDIO KIMIGABUCHIというサークルさんの発行していた「RE-TAKE」という同人誌のシリーズ 

retake00.jpg retake01.jpg retake02.jpg
があるのですが、これを読んでおくと、「破」は更に楽しめます!実際「破」を見ていると、この同人誌の内容を想起させられることが多々あります。
アスカにありがとうと言うレイとか…
自身の気持ちがわからない人間のその感情への、それが「好き」ということだという指摘とか…
 

ともあれ「破」がどうとかと関係なく、未読の方で少しでもエヴァが好きという人はこの同人誌は是非読んでおくべき。
前のブログにも書いたように、『エヴァ』ってのが特別な作品でもなんでもなかった自分でも、この本には大きな感銘を受けましたから。なんつうかこれは、〝原作やそのキャラを)好きという気持ちは、これだけの物語を完成させ得るのか!〟 っていう感動ですね。
現在だと全三冊にまとめられている全年齢版が入手しやすいと思います。

ちなみにこの同人誌はAV化されてます(このサイトに詳しいレビューがあります)が、さすがにこれは持っていませんw


スポンサーサイト

テーマ : 新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル : アニメ・コミック


アニメコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP » 次のページ