プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

94:「クロスデイズ」プレイ中その1【ネタバレ】

2010/03/31 (Wed) 21:58
まあなんだかんだ言ってましたがぶっちゃけ買って来て先週末からプレイしています。
最初の内は適当に選択肢を選びながらプレイして、例によってというか、一回目が「闇に堕ちて」、二回目が「みなみの恋人」というありがちなパターンw。まあその後は、攻略とか見ながらぼちぼちとプレイしつつ気がつけば10のエンディングを見てシナリオ達成率60%。
まあそんな感じの進捗状況の中でも感じることは多々あるのですが、取り敢えず今回は女装ルートについて感想だかレビューだかよくわからんものを書きたいと思います。
ちなみにホモルートと書かないで女装ルートと書いているのはいまだに誠と結ばれるエンディングにはたどり着いていないからです(まあ掘られてはいますが…)w。

ゆう武闘
で、とりあえずゆう&路夏絵。勇気はせっかく格闘技少年という設定があるんだからゆうのこういうビジュアルも見たかったっす。 

で、このルートですが、はっきり言って嫌いではありません。て言うか、前にも書きましたがゆうがかわいすぎます♪
ゆうCAP
いや、前に描いた時は画像のみを見ての感情でしたが、そのシナリオ描写においてもあんな姿で更にひどい目にも(性的な意味でー汗)あいながら、言葉や自分が路夏と結ばれるためにがんばる健気さもたまらんです。また、女装した自分の姿にドキドキしたり、誠に魅かれていく自分を意識しての戸惑いとかの描写も丁寧で説得力があり、感情移入すらさせられます。
「恋破れて」EDの、誠への思いをアンモラルなものとして封印し、路夏の側を自分の居場所に定めるという背徳的な妥協や、「淫獄」EDでの陵辱の日々の末の絶望的な諦観も、ベクトルは違えど双方切なくてねぇ…。
いやぁ、自分全く男の娘とかには無関心だったはずなのになんか道を踏み外しそうでこわいっす(汗)。
まあそうしたゆうへの好感も、ごとう氏によるそのビジュアルの可愛さあってこそ生まれるんですけどね(汗)。ぶっちゃけ同じシナリオでもこれが澤永の女装だったら気持ち悪いだけだし(笑)。

まさにこれが可愛いは正義ということなのか?!
 
ただ、このルートの誠は、一途という意見も目にすることがありますが、自分としては言葉に対して誠意が感じられなくてどうよ?って感じです(まあそこが誠らしいのですがw)。
まあゆうの立場からすると、あそこまで愛されたら気持ちがほだされるのもわかりますがね(手縫いのドレスとか、料理といい、誠さんはどれだけ家事スペック高いんだよ!?)。
まあこの辺のゆうや誠に対しての自分の感情は、二人が結ばれるルートをプレイすると、また変わってくるかもしれません。

しかしこのルートの澤永はクズ過ぎ!なんて言うか「スクールデイズ」での言葉レイプも乙女の唆しをそういうものなのかと思い込む馬鹿さ加減の発露であって(無論許せないけど)決して邪悪さではなかったのに、このルートの澤永は狡猾な脅迫で友達に行為を強要するとかもろに邪悪。ここには安易な描写によるキャラクターのぶれを感じましたが、この辺は他のキャラにも感じたことなので後日改めて書きます。


スポンサーサイト

テーマ : CrossDays - ジャンル : ゲーム


CrossDaysコメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。