プロフィール

tyoujiya

Author:tyoujiya
同人サークル「丁字屋残党」主幹です。

基本はなつかしモノ好き中年オタ。ゲームやらメガネっ娘やら特撮やら時代劇やら色々好きです。あと「スクールデイズ」好き。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カテゴリ内記事一覧

『必殺仕事人2012』 - 2012/02/20 (月) 21:07
中村主水、ゲームで復活!? - 2011/08/28 (日) 12:12
あれから1年&中村主水の穏やかな日々 - 2011/02/18 (金) 21:15
必殺DVDマガジン・2ndシーズン - 2010/12/25 (土) 10:52
劇場版必殺SD絵 - 2010/11/07 (日) 20:35

231:『必殺仕事人2012』

2012/02/20 (Mon) 21:07
昨晩放映された、久々の新作必殺となった『必殺仕事人2012』の感想をとりとめもなく・・・。

自分は今回の必殺は、変に色々つめこんだり気負ったりせず、重厚さはないけど気楽に楽しめる娯楽作品としてなら結構いいなぁと思いました。
脚本的には、わかりやすい悪事の犠牲になる若い恋人たちという、オーソドックスかつ先の読める地味でややゆるめなルーチンワークだったけど、その中でレギュラー、ゲストそれぞれのキャラクターの行動や心情をそれなりにきっちり描いていて、悪人も幕閣だの大奥だのといった大物にせず、弱い人間を踏みにじる悪を大物俳優が楽しそうに演じることで存在感を醸し出していたのがよかった。まあお春の仕事依頼シーンが仕事人Ⅴの頃の定番「しっかりしろい!」パターンで演出もだらだらしていた感は否めなかったが…。
高橋英樹で双子の兄弟ってのは桃太郎侍のオマージュでもあり、かつやはり「秋風二人旅」を意識しているのだろうけど、「秋風~」をやりたいならやはり依頼シーンで双子の正体明かしをした上で、実の兄弟の殺しを依頼することの葛藤、あるいは本当は自分の手で始末をつけたいながら力及ばぬ無念みたいなものを語らせながら、仕置き後にしてやったりと言いたげな笑顔で締めるとかしないと「本当の悪人はあの人」という台詞が生きないのですね。結局実作品では意外性の為の意外性に終わってるのは残念なところ。

あとは、覚え書き的に―
○新オープニングナレーション&映像はよかった。
○ジャンクフードネタは
 カレーは鉄だったら「こんな下痢した時ののう○こみたいなもん食えるか!」とか言ってたかも知れん? 
 ハンバーガーに対しお春に「お箸も使わずに食べるなんてはしたない」と言わせて育ちのよさを再認識させる辺りはよかった。
○死体を土嚢にするとか滅茶苦茶不衛生だろ!?川の水に悪い病原菌とか蔓延るぞ。 

しかしネットの意見見ているとせっかくのスペシャルなんだから、もっと相手を巨悪にして殺しも派手に見せ場を多くして欲しかったみたいな意見も見られたけど、週一レギュラーの中でのスペシャルならともかく、一年以上ぶりの単発スペシャルなんだから、今回みたいなオーソドックスな作りの方が久々に必殺を見たって気になると思うのだが。まあ次回以降があるならキャラクターの掘り下げはもう少しきっちりやっていただきたいとは思うが…。

ともあれなんだかんだで楽しめる作品でした。必殺の今後の展開に期待したいです。


スポンサーサイト

テーマ : 必殺シリーズ - ジャンル : テレビ・ラジオ


必殺コメント(2)トラックバック(0)|

202:中村主水、ゲームで復活!?

2011/08/28 (Sun) 12:12
昨日の呟きのまとめでも触れましたが、

このゲームこんなキャラが?!

いや、このゲームのことは以前から少し知っていて、流石に主水さんはいないなと言うネタを書こうとしてホームページを覗いたら、こんなことになっていようとは・・・

だが・・「あなた、人偏の仲村さんですか・・・(仕事人大集合)」
ということで西郷輝彦リスペクトか?(違!

まあタイトルだけならこういうのこんなのもあったわけだが・・・



テーマ : 必殺シリーズ - ジャンル : テレビ・ラジオ


必殺コメント(2)トラックバック(0)|

165:あれから1年&中村主水の穏やかな日々

2011/02/18 (Fri) 21:15
早いもので昨日、2月17日は、藤田まこと氏が亡くなられて1年目の命日でした。いや本当、もう一年なんですね。なんともしんみりした気分になります。
仕業人01
絵は『必殺仕業人』1話から。 


それはそれとしてここのところDVDボックスが発売された『必殺仕事人 風雲竜虎編』をチマチマ観てましたが、コレなんて言うかいい味出してる作品なんですよね~。
とにかく新メンバーにして本シリーズの明確な主役というべきかげろうの影太郎の飄々としたキャラクターがいい。更に彼に感化されたが如く、他の仕事人メンバーもみんな毒気を抜かれたっていう感じで、作品全体が他のシリーズに比べて穏やかな雰囲気っていうか…。まあ人殺しドラマが穏やかってのもどうかと思うけど、必殺シリーズ末期が悪く言われているところの悪しき甘ったるさではなく、観ていて心地いい穏やかさというか…。
竜虎06-02
本シリーズの主役というべき影太郎 

主水にしたところが、第6話「替え玉お見合い騒動」(本シリーズ屈指の名編!)から、仕置きの的の女に母親に対するものに似た情を影太郎が抱いているのを察して、「お前ェさんが心配だ」と口にする。でも主水って、組んでまだ日の浅い仲間に対してはこういう場合、そのことで自分が火の粉をかぶるのはごめんだという言い方はしても、相手に面と向かってストレートに心配してるなんて言い方をするのは非常に珍しい(それなりに仲間になってそれなりの長さを経ると、秀や政にもそういう言い方をする時もあったけど)んですよね。この一事をとっても、本作の主水が仲間に対して気を許していたかがわかるというもの。
実際、「仕事人Ⅳ」のあたりのまったり(過ぎる)チーム解散後は、主水って危なっかしい若手とのジェネレーションギャップにイライラしていたりとか、他のメンバーとの気持ちの距離が遠かった感があるんですよね。
だから、本作の仲間に対して(秀や勇次とも仲良くなるには結構な月日をかけたのに対して本作では組んだ当初から)心安げな主水ってすごく新鮮な印象を受けるのです。
「仕置人」「新仕置人」のいつもつるんで馬鹿やるような仲のよさとは違うんだけど、一緒にいると何処か心地いい…そんな仲間なんですね。
あと、15話「江戸大仏からくり開眼」では、余分にもらった仕事料を、積み立てて今度みんなで温泉にでは行こうとか言っているし、まあその為に自分が全額預かるとか言ったらごまかして独り占めさせるかとばかりに結局みんなに等分されてしまうんだけど、そのあとの主水の苦い表情見ると、半分位は本気でみんなで温泉行きたかったんじゃないかと思えたり。
そんなわけで自分としては本作は、主水の穏やかな裏稼業ライフを描いた作品としても、意義深いシリーズだと思うのです。

竜虎14-01
この和やかな雰囲気!
 
竜虎16-03
本作の主水は市井の人にも優しい、気のいいお役人のおじさんて感じなんですね。
 
惜しむらくは影太郎の過去編である18話「身代わり大名悪人討ち」と最終回の19話「主水ひとりぼっち」が今一だったこと。
それでも19話のラストの別れのシーンでは主水が、直後に否定するとは言え一度は(他のシリーズではない)〃再会を望む言葉〃を口にするのが印象的。

竜虎19-01
主水「また会おうぜ。はは、そりやあねえか」
影太郎「多分…」
それは主水の…何処か穏やかな裏稼業ライフとの別れでもあった。


テーマ : 必殺シリーズ - ジャンル : テレビ・ラジオ


必殺コメント(4)トラックバック(0)|

152:必殺DVDマガジン・2ndシーズン

2010/12/25 (Sat) 10:52
必殺DVDマガジンがいよいよ2ndシーズンということで、12月24日はその壱・中村主水「THE必殺(劇場版)」、弐・棺桶の錠「必殺仕置人」の発売日でした。
しかしイブの日に必殺映像アイテム発売か…。
その昔「仕業人」LDボックスをイブの夜に受け取りに行った淋しい記憶が呼び起こされるなぁ…。

ただ今回の壱・弐巻はDVD収録話が微妙と言うか、壱に関しては、レンタルビデオ時代からショップの定番で視聴が昔から容易だった劇場版などより、やはりテレビシリーズのエピソードをつまみ食いできる本来のスタイルの方がいいと思ったり(ただ劇場版一作目は必殺の入門編としてはいいと思うし、完成度の高い解説ブックレットとともにリーズナブルに劇場版を入手できるのは、未見の方やまだ映像ソフトを持っていない方にはやはりお得だと思いますよ)。
また、弐に収録の「仕置人」17話、24話は双方とも「仕置人」のエピソードの中では脚本、演出とも今一の話で、まあ錠主役編という縛りが悪く働いた感もある。せめて一方は13話「悪い奴ほどよく見える」の方がよかったのではないか?

と、ちょっと厳しいことを書いてしまいましたが、ともあれファンとしては次に繋がるためにも商業的成功を祈っています。

THE必殺
絵は「THE必殺」からラスト近くの潜水球のシーン。この潜水球もファンには割と不評みたいで、自分も昔はいらねーとか思ってたんだけど、この時期のチームのムードが出ていて今見るといいですね。みんなどこか惚けた芝居してて楽しいし) 

テーマ : 必殺シリーズ - ジャンル : テレビ・ラジオ


必殺コメント(4)トラックバック(0)|

143:劇場版必殺SD絵

2010/11/07 (Sun) 20:35
劇場版SD
またも古いスケッチブックからの発掘絵。
<劇場版「必殺Ⅲ」&「必殺4」のキャラをディフォルメしたかったらしい。一番下は「Ⅲ」のおこう。右の二人は「4」のわらべ屋文七とおみつ。しかし秀がひどいことになっているような…(汗

この二作はとにかく好きで、公開された当時も幾度も足を運びました。特に主水の追いつめられっぷり、あがきっぷりが痺れる「Ⅲ」はビデオ、DVDと併せて視聴回数は百回はゆうに越えてるほどに好きですね。

あと「必殺DVDマガジン」が来月から発売開始だそうで、必殺のメディア展開が続いていることはとにかくめでたいことです。

テーマ : 必殺シリーズ - ジャンル : テレビ・ラジオ


必殺コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP » 次のページ